ネット上でホームに停車中の機関車を三脚と脚立を使って撮影をする撮り鉄に対して「何が凄いのか」と疑問を問いかけた一般人のツイートが話題になっています。

ホームを塞ぐ迷惑な鉄道ファン

https://twitter.com/watatan1222/status/1311276335428284416?s=19

品川駅のホーム上で脚立と大きな三脚を使って撮影をする撮り鉄が話題になりました。撮り鉄が撮影しているのはEF64 1031で一般的にはそこまで珍しくものではありません。普段は田端に回送するところ故障により急遽品川に入ったためわざわざ駆けつけたのでしょう。

このホーム上で脚立と大きな三脚を使うという禍々しい様子に一般の利用客は「この電車の何が凄いか」とツイッターで問いかけました。その結果多くの人からの反応がありました。

撮影しているの様子も画像でツイートされていますがこれは悪意を持っている訳ではありません。純粋に「こちらの車両がどのように素晴らしいのかご教授頂きたく、ツイートさせて頂きました。」と言っているにも関わらず、自分たちが攻撃されてる、機関車をバカにされたと感じたのか全体の半分近くが鍵リツになりました。

大半は撮影方法に疑問を持つ人達で、人が少ないのにハイアン(=高いところから撮影すること)はどうなのかという声でした。ホーム上での撮影の場合、人が集まり何列かになると後ろからだと前の人に被ってしまいます。それを避けるために脚立を使うことはありますが、今回はほとんど人は居ません。

また機関車単機に対してのハイアンは一般的では無いので何故迷惑になるのにわざわざその撮影方法にしたのか「この状況でハイアンする意味がわからない。」「迷惑」との声が上がっています。実際投稿者は撮り鉄が邪魔でホームを通れずわざわざ反対に回ったとのことです。

投稿者が一般人なので一般人からの反応もあり「「駅で三脚を使うな」というのは外野の偏見だ。乗客の邪魔にならなければ、回りに配慮すれば良い。」と理解もありましたが、やはりホームでの三脚は必要性がなく危険で通行できない状態にあることから「最近こういうのが地方に来て地元民大迷惑している。」「ホームのど真ん中で三脚や脚立は邪魔だろ…他の一般人には迷惑だろ…」と批判が多くありました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事