2021年度に国府津車両センター所属のE231系が機器更新されることや、E233系のワンマン化工事が行われることが明らかになりました。

E231系コツ車機器更新&E233系ワンマン化

2021年度における東京総合車両センター業務について、主な改造工事では

  • 中央快速線E233系グリーン車担込み準備工事 5編成
  • 国府津車両センターE231系機器更新工事 24編成
  • 線路設備モニタリング装置搭載工事

があることが明らかになりました。中央線E233系は特に変わりないですが、国府津車両センターのE231系の機器更新が行われるとのことです。去年には初めて同所所属のE231系が機器更新をされましたが、来年度からは本格化しそうです。

また長野総合車両センターではE233系ワンマン化工事、 秋田総合車両センターではE231系機器更新工事などがあるとしています。

去年には京浜東北線や横浜線をワンマン運転にするという話があがっており、それに関係している可能性があります。所属や本数、具体的な時期なのは不明なので今後の動向が注目されます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事