今回は大阪環状線「福島駅」すぐ近くにある「ホテル阪神アネックス大阪」に宿泊してきました。まだ開業してから1年しか経っておらず、中はかなり綺麗で「豪華さ・高級さ」を感じるホテルでした。

今回は3人で旅行をするということで、ホテルの客室としては珍しい「トリプル」に今回宿泊してきました。

【豪華・高級・新築】ホテル阪神アネックス大阪のトリプルに宿泊してみた

ホテル阪神アネックスは大阪環状線のすぐ近くにあります。なので、写真のように建物と大阪環状線を一緒に撮影することができました。ただ、都市部の街中にあるホテルということもあってか、ベランダには出ることができないため、客室からはトレインビューは恐らく見ることができません。そこだけは注意が必要です。

さて、いざホテル阪神アネックス大阪の内部に潜入してみましょう。既に高級感がにじみ出ていますね。

2019年5月15日に開業してからまだ1年しか経っていないので、新築の感じがしますね。

フロントに着くときれいな待合スペースが待っていました。白いカーテンかかかっているので分かりづらいですが、大阪環状線の線路が見えており電車が走っている様子も見ることができます。

奥の方には「HANARWE 灯」というところがあり、なかなかロマンチックな空間がありました。

カードキーをフロントで受け取ると、エレベーターにカードキーを場所がありました。この機能は最近できたホテルにしかついておらず、古いホテルのエレベーターにはついていないことが多いそうです。

黒いところにカードキーをかざすと、自分の客室がある階へは移動できますが、それ以外の階に行くことができません。セキュリティー上も安心して過ごせるホテルということで感動しました。

今回はホテルの客室としては珍しい「トリプル」に宿泊してみました。ベットはシングルとしては少し大きめのサイズだと個人的には感じました。なので、ゆったり寝ることができました。

客室の広さ自体も37平米ある客室だったため、かなり満足度の高い部屋だと感じましたし、2019年5月開業ということで、まだまだ新築で内装はかなり綺麗でした。(正直この値段で泊っていいの?というくらい)

シャワー・洗面台についてもきれいで、かなり設備にはお金がかかっているなと思いました。シャワーのドアも透明なガラス扉になっていましたね。(ガラス扉は1枚10万円くらいするみたいです。)

ちゃんと衣服を干すことのできるクローゼットも完備しています。クローゼットに入っている使い捨てスリッパですが、外国人観光客が来ることも想定して横幅の広いタイプにも対応しているスリッパになっているのはありがたかったですね。今まで止まったビジネスホテルでは幅が狭いタイプのスリッパしかなく、個人的には履けることの方が少なかった記憶があります。快適に過ごすことができました。

写真にはありませんが、別途玄関前にはスーツケースなどが置ける荷物置き場が設置されています。

【レビュー】「ホテル阪神アネックス大阪」に泊まってみた感想

いつもアパホテルなどビジネスホテルにしか泊まったことがなかったため、今回の宿泊はかなりワクワクしていましたし、部屋の広さやサービスの質の高さではかなり満足感を得ることができました。

読んでくださっている方にも大阪に来たら、是非お勧めしたいホテルです。

高級ホテルに泊まるとなると結構抵抗がある方もいると思います。せっかく値段を払っているに部屋が古かったり、値段の割にはサービスが低いということもあるかもしれません。しかし、このホテルに関してはそういったことは無く、新しい設備で高いサービスが受けられます。

評価としては星5つです。ただ、水道の水圧とごみ箱はもう少し増やしてほしいとは感じましたが、この辺はすぐに改善されるかと思います。どこか致命的にサービスが悪いという点はなかったです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事