9月13日、初代ロマンスカーのSE・SSE車3両が深夜に大野総合車両所から海老名検車区に回送されました。

初代ロマンスカー最後の走行か

https://twitter.com/651_rail/status/1304897405792514060?s=19

今回輸送されたのは大野総合車両所に保存されていた初代ロマンスカーの3000形3021Fです。同編成は元々8両編成のSE車(Super Express)よりも短い5両編成のSSE車(Short Super Express)でしたが中間車のサハ3023とデハ3024が2019年8月に解体されたため3両になり、1000形1253Fの牽引で輸送されました。

3両編成のうち新宿寄りのクハ3021とデハ3022はSE車時代の塗装に復元されクハ3025はSSE車としての塗装が維持されているので側面を見ると若干塗装が異なることがわかります。

先日輸送された7000形LSEやモハ1形と同様に2021年春に海老名駅前に開業予定の「小田急ミュージアム」に展示される予定です。車両は海老名検車区に到着後ミュージアムまで短い距離ではありますが陸送される予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事