武蔵野線205系は残すところ2編成になりました。最後にその姿を撮影しようとホーム上では多くの人が集まり、警察が出動する駅もあり異常事態となっています。

吉川駅で警察が出動する事態に

https://twitter.com/2000toritetsu/status/1304627350835879938?s=19

武蔵野線吉川駅で撮影された画像です。ホーム上は列車の写真撮影の為に集まったと思われる人と、埼玉県警察の姿が見られます。当時同路線では工臨があり、205系も貴重な存在になっています。

なにか事件が起きて警察が出動したのではと思いきや、どうやらホームの巡回にあたっているようです。多くの人が集まっているので危険な行為や撮影者同士のトラブルに警戒しています。

ホーム上の安全確認なら普通は駅員や警備員の仕事ですがなぜ警察が出動しているのでしょうか。実は以前から撮影マナーを注意した駅員や警備員に対して罵声を浴びせたり、ネット上で晒したりすることが起きているのです。暴力沙汰になったこともあり、一部の過激な人達は鉄道会社だけでは抑えられません。

公共交通機関なので注意はできても出禁にすることはできません。また実力行使をしようにも逆に鉄道会社側が悪くなってしまう可能性があります。そのため最近は鉄道会社が警察に出動要請をすることが少なくありません。

では警察の出動で一安心かと思いきや、そういうわけではありません。確かに警察の方が駅員や警備員より抑止力はありますが、本当にルールを守らない人達にしてみれば大したものではないようです。警察といえどすぐに手を出すわけにはいきませんから一部では「税金配給」と呼ばれ舐められしまっています。

「駅員や警備員では言うことを聞いてくれないから警察が出動する」ということ自体が本来であれば異常事態です。それを「税金配給」と当たり前のことのようになってしまっているのも現実です。本来必要のない警備をさせるというのは一般的には威力業務妨害なのですが不特定多数相手に適用は難しそうです。

武蔵野線新習志野駅では205系ラストランイベントをやるとしていますが、「ルールを守るなら」という前提です。ネット上ではどうせ荒れるからやるべきではないとの声が相次ぎましたが本当に中止になるかもしれませんね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事