JR九州は「みんなの九州きっぷ」を2020年12月まで発売を延長すると発表しました。

「発売が好評だった」ということから本来2020年7月から10月までの発売を予定から変更したということです。

値段は変更になっていませんが、若干特典が追加されています。

「みんなの九州きっぷ」を12月まで発売を延長 e5489・九州ネット予約で購入可能

「みんなの九州きっぷ」はJR九州全線版・北部九州版の2種類を発売していますが、両方とも発売を延長します。

利用期間は12月27日までの土休日で、発売は1か月前から3日前までとなります。

値段は全九州版で大人10,000円、こども2,000 円、北部九州版で大人 5,000 円、こども1,000 円で発売します。

利用内容は指定エリアのJR九州の新幹線・在来線特急などの自由席を利用することができます。また、指定席についても6回指定することができ、2日間乗り放題となるきっぷです。

ただし、JR西日本が運営している博多南線・JR山陽新幹線の博多から小倉間は利用することができません。

10月から先の利用分についてはレンタカーが1日3500円に割引となる特典(免責料込み)も追加となり、鉄道での移動に加えて車で周辺も観光してほしいという意図が伝わってきます。

2020年にJR九州を旅行したいと思っている方は利用を検討してみてもいいのではないでしょうか?

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事