11月26日7時50分頃に発生したJR東日本の久喜変電所での火災の影響で、運転を見合わせていた宇都宮線は先程運転を再開しました。

火災により最大で7時間遅延

7時50分頃に発生した久喜変電所での火災で、宇都宮線は運転を見合わせていましたが、12時頃に火は消し止められて、14時半頃に運転を再開しました。

JR東日本は久喜駅内の電気設備に不具合があったとし、詳しい原因を調べています。消火活動により運転を見合わせていた東武伊勢崎線は13時半頃に運転を再開しています。

6時間以上運転を見合わせており、ようやく再開しましたが、朝の時間帯に走る予定だった列車も混在しているため、最大で7時間遅れになりました。本数は大幅に少なくなっており、東海道線との直通運転は現在も中止しています。湘南新宿ラインは終日運休になっています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事