2020年5月31日夜、近鉄12200系の中でも「12345」と連番になる車番が連結されていた、NS45編成が廃車回送となりその役目を終えました。

近鉄12200系「12345」の連番 NS45編成が廃車回送

※画像は名張の撮り鉄さんより

近鉄12200系は新型名阪特急「ひのとり」の導入で「アーバンライナー」に使われている車両が余剰となっており、名阪甲特急は近鉄80000系にその座を譲り、各路線の乙特急に使用されています。

近鉄12200系の活躍の場だった乙特急が今後「アーバンライナー」で使用されていた車両で置き換えとなり、2020年度末までに全車両が特急列車での運用離脱します。

「特急列車の運用を離脱」という文言がプレスリリースにはあり、他の運用(普通列車など)に回すのではないかという意見もありましたが、現状としてはほとんどの車両が廃車になっています。

今後本数はどんどん減っていき、この車両の「近鉄カラー」が見れるのは、今年度までとなっています。

後悔のないように記録していきたいですね。

6/1午前10時から近鉄の「ひのとりグッズ」の販売が開始されます。そちらも是非チェックしてみてくださいね。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事