JR北海道は特急ライラック2号が踏切事故を起こし、除雪車と衝突したと発表しました。

現場の状況

12月15日朝、北海道砂川市のJR駅構内で、特急列車と除雪車が衝突しました。
15日午前6時ごろ、砂川市のJR豊沼駅の構内で、旭川発札幌行きの特急「ライラック2号」と除雪車が衝突した。JRや警察によると、除雪車を運転していた80歳代の男性が体の痛みを訴えたが、けがはなかった。特急列車の乗客27人と乗務員3人にけがはなかった。

事故の影響


この事故により、複数の路線の運行に影響が出ました。午後0時半現在、JR函館本線の岩見沢-旭川間と根室本線の滝川-新得間で運転を見合わせ、特急列車28本を含む計72本の列車を運休させています。特急列車の乗客・乗員計30名に怪我はありませんでした。

気象状況

消防庁の資料によると、砂川市では15日午前8時までの24時間に40センチ近い雪が降り、総積雪量は52センチに達したという。この大雪と視界の悪さが相まって、事故につながったものと思われます。

スノープラウの関与

JRによると、除雪車はJRが外部業者に委託していたホイールローダーで、駅構内や踏切など線路外の除雪を担当していたとのことです。

教訓

今回の事故は、悪天候や危険な機械を使用する際の安全対策の重要性を再認識させるものです。また、除雪車の操作のような潜在的に危険な役割に従事する人々に対する安全規制と訓練の強化の必要性を浮き彫りにしました。

まとめ

3月15日に北海道の砂川市で発生した事故は、危険な状況下での安全対策の重要性と危険な機械を使用した作業の重要性を再認識させるものです。また、除雪車の運転など潜在的に危険な役割を担う労働者に対する安全規制と訓練の強化の必要性を再認識させるものです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事