JR東日本は2023年3月18日にダイヤ改正を実施すると発表しました。

上越新幹線ダイヤ改正。スピードと快適性の向上

JR東日本は、2023年3月に上越新幹線のダイヤ改正を実施し、スピードと快適性を向上させる。大宮-新潟間の最高速度が240km/hから275km/hに向上し、前回のダイヤ改正と比較して所要時間が最大で7分短縮されます。高速化に伴い、上越新幹線の全列車で運用されるE7系が6編成追加導入される予定です。これにより、東京駅発着の「とき」「たにがわ」が一本化されます。これにより、東京駅発着の「とき」「たにがわ」の車両が統一され、グランドクラス(飲料・軽食なし)※の利用が可能になり、快適性が向上します。また、大宮・高崎間の最高速度を240km/hから275km/hに引き上げ、同区間を走行する「かがやき」「はくたか」「あさま」の所要時間を最大で2分短縮します。これにより、東京-金沢間の所要時間は最大2時間25分短縮されます。

所要時間短縮

上越新幹線のダイヤ改正により、東京-新潟間の所要時間が最大で7分短縮されます。これにより、新幹線の高速化や新潟駅での特急「いなほ」との接続時間の見直しにより、東京-酒田間を最大3時間で移動することが可能になります。また、大宮-高崎間の最高速度も240km/hから275km/hに向上させる予定です。これにより、同区間を走行する「かがやき」「はくたか」「あさま」の所要時間が最大で2分短縮されます。これにより、東京-金沢間の所要時間が最大2時間25分短縮されます。これにより、東京-金沢間を最速で2時間25分で移動することが可能となります。

座席サービス向上

E7系増備車は、グランクラス(飲料・軽食なし)も設定し、東京駅発着の「とき」「たにがわ」全列車の座席サービスを向上させます。

E257系リニューアル車両による高崎特急列車の快適性向上について

JRグループは、高崎線の特急車両にE257系リニューアル車を導入し、座席サービスの向上を図ります。また、お客さまや社員が親しみやすいように、特急列車の路線名を変更します。

特急「草津」の名称変更について

特急「草津」を「草津・四万」に改称し、全車両を指定席とすることで、着席サービスの向上を図ります。現在、草津特急には指定席がありませんが、このリニューアル車両を導入することで、すべてのお客様に常にくつろげる場所を確保し、快適に移動していただくことができます。

導入する車両は、中央線などで使用された他E257系、また、全車両にコンセントが設置されるほか、荷物棚も多数設置されます。

特急「スワローあかぎ」の改称について

平日に運行している特急「スワローあかぎ」の名称を、平日・土・日・祝日に「あかぎ」に変更します。平日・土・日・祝日の中央線・常磐線特急列車と同様の座席サービスを新設します。。

また、特急「スワローあかぎ」は平日のみ指定席とし、土休日には自由席と指定席の両方を用意します。これは、土・日・祝日にご利用のお客様にも、特急の中でゆったりとした時間を安心して過ごしていただけるようにするためです。

まとめ

JRグループでは、高崎線の特急列車にE257系リニューアル車両を導入し、座席サービスや快適性の向上を図ることを発表しました。これは、特急「草津」の「草津・志摩」への改称と、平日・土日祝日の特急「スワローあかぎ」の「あかぎ」への改称にともなうものである。今回のリニューアル車両の導入により、お客様には、より快適でゆったりとした特急の旅をお楽しみいただけます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事