JR東日本は磐越東線の一部区間で紅葉シーズンに合わせて徐行運転を行うと発表しました。

ただし、徐行運転は列車が遅延している場合や、天候などの状況により紅葉シーズンが終了してしまった場合など、徐行運転を行わない場合もあります。

JR東日本 磐越東線徐行運転の概要

今回徐行運転が実施されるのは磐越東線のうち、江田から川前間の約2.2kmの区間で実施します。

実施する列車は上下それぞれ3本ずつ運転します。

運転時刻は江田発で9時01分、13時32分、16時01分、川前発で9時10分、14時23分、16時15分の列車で実施します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事