近鉄は2021年2月12日をもって「定期の特急列車運用から引退した」12200系スナックカーですが、今後もイベントなどで使用すると発表しました。当初ラストランがいつになるのかということが話題となっていましたが、「スナックカーのラストラン」はまだ先のようです。

かなり近鉄の中でも古い部類の車両なので、「まだ使うの?」という声も聞こえてきそうですが、そこも近鉄の古い車両を大切に使う社風が表れているのではないでしょうか?

12200系引退記念グッズを発売

近鉄スナックカーは1970年の高度成長期・大阪万博時に登場した車両で、近鉄の特急車両としては最多の168両が製造されました。そんなスナックカーですが、今回引退を記念して「記念乗車券」「ピンバッジセット」「メタルキーホルダー」を発売するということです。

引退記念乗車券

引退記念乗車券はインターネットで先行発売し、その後一般発売をするということです。

先行発売は2021年3月6日10時から11日17時まで受け付けていて、2021年3月12日から21日までの間に大阪上本町または近鉄名古屋で日にちを指定して発売されます。

発売は各駅先着700名、合計1400名まで受付をするということです。

一般発売は2021年3月14日から9月30日までで、売り切れ次第発売を終了するということです。

内容はスナックカーが"12200"系ということにちなんで、大阪難波から"1220"円区間の片道乗車券、近鉄名古屋~1220円区間の片道乗車券で、デザインが異なります。

発売は1枚1220円、発売枚数は3000枚です。

発売個所は上記の通りです。営業時間が異なるためその点は注意が必要です。

12200系引退記念グッズ

発売期間は2021年3月12日㈮10時から当分の間で売り切れ次第発売を終了します。

内容は12200系ピンバッジセット2500円が1500個、12200系メタルキーホルダーが1600円が1500個発売されます。

ピンバッジセットは昔のスナックカーのヘッドマークが描かれており、メタルキーホルダーにはスナックカーの車番「12201」が刻印されています。

発売個所は近鉄百貨店ネットショップでインターネット販売されます。

さよなら12200系特急車両撮影ツアーも実施

2021年5月15日㈯に青山車庫にて、撮影会が行われるということです。申し込みは2021年3月中旬に実施される予定で、インターネットにて受け付けるということです。

また、12200系車両は定期特急列車としての運用は終了していますが、記念乗車ツアーをはじめとしてイベントなどで使用する予定となっています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事