JR東日本は東北・上越新幹線で大規模改修工事を実施すると発表しました。大規模改修工事は2031年度から10年かけて実施されるということです。

概要

JR東日本では1982年に開業した東北新幹線(東京~盛岡間)および上越新幹線(大宮~新潟間)において約780kmの区間について将来にわたる安定輸送確保と橋りょう・トンネルなどの新幹線構造物を対象として2031年度から10年間で大規模改修工事を行うことを計画しているということです。

現在、福島県の新白河で実物大の模擬設備を構築して、大規模改修の着手に向けて、改修材料の開発や作業の機械化などの技術開発を進めていくということです。

大規模改修工事の期間は2031年4月から2041年3月までの10年間で1兆406億円をかけて実施されるということです。

工事に関する資料

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事