JR北海道は緊急事態宣言解除に伴って、一部列車の運休を解除し通常通り運転されます。ただ、一部列車では引き続き運休が継続されます。

7月9日から通常通り運転する列車

特急大雪1~4号、サロベツ3号・4号は曜日運休をしていましたが、7月9日から通常通り運転を再開します。

運転取りやめ・曜日運休を継続する列車

北斗5号・14号は曜日運休を継続します。ただし、7月22日の木曜祝日は運転します。

また、8月以降の指定席についても曜日運休となる水曜木曜の指定席発売を見合わせます。

特急カムイ9・28・29・42号は運転取りやめを継続します。

快速エアポートは7月も土休日運休を継続します。札幌発9時から18時までの毎時47・49分発が運休となります。新千歳空港発10時42分発~19時42分発まで運休します。また、18・19時42分発は札幌~手稲も運休となり、手稲行きとして運転します。

指定席発売は6月22日5時30分から開始します。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事