JR東日本は2021年10月23日始発から10月24日終電まで運転見合わせにすると発表しました。2日間運転見合わせとなるのはJR東日本発足以来過去最長の長さとなり、初めての事例になるということです。

改良工事で山手線内回りが池袋~新宿~大崎まで2日間運転見合わせに 外回りなどでも減便へ

10月23日㈯・10月24日(日)の運転計画

今回の改良工事では2021年10月23日~24日まで内回りの池袋~大崎までの2日間運転見合わせになります。また、内回りは大崎~東京~池袋間で大幅に運転本数を減らします。

当日悪天候の場合は2021年11月20日㈯~21日(日)に行われるということです。

また、外回り電車は大崎~渋谷~池袋間で本数を減らして運転し、大崎駅での折り返し列車を増やします。

その他各線に増発・臨時列車等影響も

京浜東北線では期間中快速運転を中止します。これにより所要時間が変わる場合がありますので、ご注意ください。

また、埼京線・りんかい線は新木場~赤羽間で本数を増発、相鉄直通列車は新宿止まりの列車を池袋まで延長運転をします。

【鉄道ファンが乗車?】レアな山手貨物線経由の臨時列車が運転

今回鉄道ファンが乗車する懸念があると東京オリンピックの夜行新幹線が中止になりましたが、同様に鉄道ファンが乗車するかもしれない珍しい列車が運転されます。

これは山手貨物線を使用し、新宿~品川へ運転するというもので、大崎駅には止まりません。

山手貨物線を使用する列車としては成田エクスプレスやクラブツーリズムの団体列車等がありますが、いずれも料金が別途必要なもので、乗車券のみで乗れる山手貨物線経由で品川へ行く列車はレアではないでしょうか?

乗車する人が鉄道ファンばかりなのか、一般の人が利用するのか、注目されます。

新宿駅は7番線・6番線が使われるのでしょうか?使用車両や折り返しがどのように行われるかも楽しみですね。

振り替え輸送も実施

以下の路線で期間中振り替え輸送が実施されます。

東京メトロ・・・全線

都営地下鉄・・・全線

東京臨海高速鉄道りんかい線・・・全線

西武鉄道池袋線・・・所沢から池袋

西武新宿線・・・西武新宿~所沢

西武有楽町線・・・全線

東急電鉄・・・東横線(渋谷~武蔵小杉)、池上線(全線)、大井町線(大井町~自由が丘)、目黒線(目黒~武蔵小杉間)

渋谷駅内回り線路切替工事概要

渋谷駅山手線内回り線路切替工事
渋谷駅における線路切替ステップについて

今回の工事は内回りの線路移設が行われます。それと合わせてホームを拡幅します。今回のステップは3つ目であと2回工事し、ホームと線路の高さを変更します。

渋谷駅中央改札移設

渋谷駅における1階南改札移設について

南改札口が移設され、渋谷スクランブルスクエア側に変更となります。そのため、西口広場からは改札口が遠くなります。

渋谷駅3階中央改札移設・中央東改札廃止

渋谷駅3階中央改札移設について

渋谷駅3階の中央改札口が現在の中央東改札の場所に移設。これに伴い中央東改札は廃止となります。また、京王井の頭線から乗り換えルートが長くなります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事