10月28日、JR九州は武雄温泉から長崎間で開業が予定されている「九州新幹線西九州ルート」の名称と導入車両を発表しました。

N700Sを6両に短縮化

2022年秋頃に武雄温泉駅から長崎駅間の暫定開業が予定されている整備新幹線の名称と使用車両が発表されました。法令上は単に「九州新幹線」ですが便宜上今までは「九州新幹線西九州ルート」と呼ばれていました。

今回JR九州は同区間の列車名を「かもめ」にすることを正式に発表しました。在来線特急からつけられた名称ですが、過去の事例から既存の特急は廃止されると思われます。

また使用車両はJR東海が営業投入しているN700S16両編成を6両編成に短編成化したものです。基本設計は同一ですが、外装や特に内装が大幅異なります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事