京阪電車は5000系5扉運用を2021年1月29日のダイヤ改正ををもって終了すると発表しました。

京阪5000系は通常3扉で運転となっていましたが、朝ラッシュ時には二つのドアの前にある座席を天井まで持ち上げ、5扉車として運転していました。

今回京阪5000系はデビューした1970年12月から50周年を迎える節目となることで、5扉車としての運転は終了します。

京阪5000系5扉車運用終了へ 「通勤地獄の象徴」

今回終了するのは京阪5000系の5扉車としての運用です。そのため、「京阪5000系が引退するということではない」ということになります。
登場から50年が経つ車両ですが、まだ使い続けるということになりそうです。

鉄道ファンにとっては「古い車両ほどいい」ということになりますが、毎日利用している京阪沿線の人からすると「50年経つ車両なのにまだボロを使うの?(※)」と意見を持つ人もいそうですね。

※鉄道車両は通常30年~40年程度で廃車にするか、経営の苦しい地方の鉄道鉄道会社に譲渡することが多いです。全国的に見ても50年以上も使用する例は珍しいです。「まだ第一線で現役なのがおかしい」と考えるのが普通でしょう。

京阪電車ではこれまで準急や区間急行などの運用として、使用されてきました。

現在ではそれほどラッシュがひどくありませんが、当時は「通勤地獄」と呼ばれるほど混雑が激しく、これを解決するために開発された車両です。

そのため、京阪5000系はこれまで「通勤地獄」を象徴する車両として印象が強かった車両となっていました。

5扉車にすることで乗降時間の短縮・遅延の防止の役目をしていました。しかし、京阪自体の輸送量減少、新型コロナウイルスの影響での需要減、テレワークの推進で需要減となり、5扉車で運用する必要性が無くなってしまったのではないでしょうか?

京阪5000系車両展示イベント開催

京阪電車では12月20日に中之島線の中之島駅で記念イベントを実施します。また中之島駅ホームで京阪5000系の座席昇降の実演イベントを行います。

普段は乗客を乗せた状態で座席の昇降はありませんが、今回5扉車が引退するということで実施されます。

中之島駅3番線ホームで実施します。また展示終了後は臨時列車として普段ラッシュ時しか利用できない5扉車での運転をします。運転時刻は中之島発15時12分発区間急行萱島行きとして運転をします。
座席の実演は12時30分、13時ちょうど、13時30分、14時ちょうどの合計4回実施されます。
座席の昇降を各回2回程度実施するということです。

車内から見る場合のイベントは参加費1000円が必要となっています。参加費と一緒に5000系誕生50周年記念マスキングテープがセットとなっています。申し込みはe-keihanマーケットで行われます。]

申し込みの開始時期は2020年12月9日の午前9時から12月13日23時59分まで受け付けています。定員は各回40名です。車両運用の都合上、中止になる場合があるということです。

京阪5000系50周年記念スタンプラリー実施

京阪電車5000系誕生50周年記念スタンプラリーを実施します。

京阪線4駅に設置した記念スタンプを集めて達成するとオリジナルマスクケースが配られるということです。

実施時期は2020年12月20日から、2021年1月24日までです。
設置駅は京阪電車の京橋駅(駅事務局)、萱島駅・西改札、淀駅中央改札口、出町柳叡山電口改札前で、全て改札外に設置されます。

5000系引退記念ヘッドマーク

5000系記念ヘッドマークも2021年1月24日まで、京阪5000系が運用される京阪線でヘッドマークが掲示されます。

ただし、事情によってイベントが中止される可能性があるということです。

5000系の5扉車運用終了記念グッズ発売

京阪5000系の誕生50周年を記念したオリジナルグッズの販売を行います。

発売は2020年12月22日11時から15時の間です。中之島駅コンコース階改札外です。

発売する商品は5000系誕生50周年記念ラッシュ用ドアマグネットです。

5000系車両のラッシュ用ドアに掲示しているダッシュのはというマークをマグネットにしました。

サイズは縦200 mm 横45 mm です。

価格が一つ税込500円で販売します。
5000系誕生50周年記念マスキングテープを発売します。

5000系旧塗装車、誕生50周年記念ヘッドマークなどをデザインに取り入れたマスキングテープです。

サイズは縦20 mm長さは10メートルです。
価格は一個500円で発売します。また5000系5扉の昇降記念イベントに参加すると、受付時にもらえることになっています。

まだ京阪5000系が引退しないということですから、「ラストラン」はまだ先のことになりそうです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事