東武鉄道は特急スペーシアのリバイバルカラー塗装を復活させると発表しました。

リバイバル塗装概要

今回発表されたリバイバル塗装ですが、なんと100系車両5編成で実施されるということで、東武鉄道の本気ぶりがうかがえます。(実施される編成は102、105、107、108、109編成です。)

1990年代から2000年代に走っていた昔のスペーシアの色が復活するのは胸アツですね。

運行開始日は2021年6月5日㈯です。また、運行開始日には記念ツアーが実施され、臨時貸し切り列車が運転となります。5月13日11時から東武トップツアーズで発売されます。

旅行代金は大人1万3200円、こども1万400円です。

時刻表は浅草駅8時9分発→東武ワールドスクウェア10時53分です。参加者限定で、鉄道関係商品の販売が行われるということです。

スペーシアリバイバルカラー入場券も発売

今回のリバイバル塗装の運転を記念して、記念乗車券も発売されます。発売期間は2021年6月5日㈯から2021年7月4日(日)です。

発売駅は浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、曳舟駅、北千住駅、春日部駅、栃木駅、新栃木駅、新鹿沼駅、下今市駅、東武日光駅、鬼怒川温泉駅で発売されます。

発売数は2000セット、1セット1000円で発売されます。乗車券は浅草駅から600円区間、東武日光から200円区間、鬼怒川温泉駅から200円区間となっています。有効期間は発売期間に同じになります。

200型りょうもうでもリバイバルカラーが実施へ

塗装については未発表ですが、東武伊勢崎線で運転されている200型りょうもうでもリバイバルカラーが実施されます。

運行開始から30周年記念ということで、これは楽しみですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事