京急電鉄は京急油壺マリンパークを2021年9月30日をもって閉園すると発表しました。

京急油壺マリンパークマリンパークのコメント

2021年9月30日(木)をもって京急油壺マリンパークを閉館することといたしました。

京急油壺マリンパークは、西に相模湾が広がり、江ノ島、富士山、伊豆半島そして伊豆大島まで一望できる風光明媚な位置に、1968(昭和43)年の京急電鉄創立70周年記念事業として開業しました。開業当時、東洋一といわれた大回遊水槽をはじめ、 魚の生態をいろいろな角度から示し、魚や自然への理解を深め、かつ科学教育の一助に資するという、世界でも例を見ない水族館として運営をしてまいりました。 

しかしながら、建物や設備の老朽化が著しく、これ以上の維持管理は困難であると判断し、このたび、閉館することといたしました。なお、動物類については、他の施設と受け入れに関する協議を進める一方で、閉館後も、飼育・施設管理に必要な要員・体制を維持し、すべての動物類の移譲を完了するまで、責任をもって対応してまいります。

開業から53年間、地域の皆さまをはじめ、たくさんのお客さまにご愛顧いただきましたことに、厚く御礼申し上げます。

京急油壺マリンパークより

閉館理由は建物・設備老朽化としていますが、比較的急に決まったように感じられます。その証拠に「すいぞくかん学園生徒手帳」「入園券」をお持ちの方には、後日閉館を受けての対応が公式HPで発表されるということです。

かつては京急の未成線・路線延長計画も

京急油壺マリンパークの開業後、現在終点となっている三崎口~油壷までの路線計画がありましたが、事実上凍結となっています。

そのため、三崎口は暫定的なターミナル駅として設置されたため、三崎口より先の区間に線路があるのはそういった理由となっています。

京急の路線延長をするきっかけとなった油壷マリンパークが無くなってしまうのは、少し寂しい気がしますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事