2021年4月21日、E233系トタH55編成が長野総合車両センターでグリーン車連結対応工事を完了させ、基本編成6両の試験走行が行われました。

水道橋幕で試運転が行われた様子

長野総合車両センターで行われた改造内容はSIV(静止形インバーター)など床下機器の工事が行われたほか、トイレが設置された関係で、元々E233-255号車となっていた付番がE233-855号車に変更されているのが確認されています。鉄道車両では改造が行われると付番が変更されるということになります。

今回の試運転では鉄道会社の中の人が遊び心で今は行先として運転されていない「水道橋行き」を長野で表示させるということが行われていました。これには鉄道ファンも「クスッ」と笑った形になり、和やかな反応が見られました。

今後、グリーン車が連結された中央線E233系の姿にも注目です。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事