JR西日本山陽本線は糸崎駅で大雨の影響により冠水してしまう被害が発生しました。大雨は弱くなりましたが、駅構内に土砂が流れ込みひどい有様となっています。

糸崎駅は午前中に冠水・水没

JR西日本山陽本線糸崎駅が冠水の被害に 大雨の影響で
(https://twitter.com/ayatoman071827)より

こちらが糸崎駅冠水の様子です。線悪露が完全に水没し、駅構内も水没していることが分かります。これにより、流れ込んだ土砂が駅構内に入ってきていたということです。

雨は弱くなったが、線路が泥まみれに

(https://twitter.com/5b0a29db23dd47f/status/1412981136070828033)

こちらは水が引いた後の糸崎駅の線路の様子です。大雨によって線路を支えるバラストが流されて、道路側の線路を覆っているのが分かります。今後、土砂の撤去とバラストを敷きなおす作業が行われると思われます。

駅も泥まみれに 清掃作業が始まる 列車標には「調整中」の文字 改札機は故障か?

(https://twitter.com/dualairbag/status/1412999233502781443)
(https://twitter.com/dualairbag/status/1412999233502781443/photo/4)

水没した糸崎駅ですが、泥を避ける清掃作業が行われています。山陽本線は松永~三原までの間は終日運転見合わせを決めており、糸崎駅も8日の営業は行われない見込みです。

また、改札機にも水が入ってしまったのか、中を開けて点検が行われています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事