JR西日本の広島県内のJR線は大雨の影響で全路線で運転見合わせとなり、広島県内のJR線は全滅の状態となりました。

全滅した広島県のJR路線 山陽本線・可部線・呉線など

2021年7月8日大雨で運転見合わせた広島県のJR線

こちらが実際に運転見合わせとなっている広島県の在来線の様子です。山陽本線・呉線・可部線・芸備線とこのほか表示されていない木次線も運転見合わせとなっており、JR西日本の在来線が全滅するという異常事態が発生しています。

現在平常通り運転しているのは宮島フェリーのみとなっていて、山陽本線三原駅の隣の糸崎駅は線路が水没する被害が発生しています。

情報は7月8日15時現在の様子です。

広島駅改札口にはバリケードが張られる

(https://twitter.com/hochi_andoh/status/1412986517786554369)

こちらは広島駅の様子です。広島駅出発の在来線は全列車が終日運転見合わせが決定したため、改札前にバリケードが張られています。また、広島駅の駅ビルは臨時休業となっています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事