JR東日本215系最後となるNL-2編成が2021年7月7日~8日にかけて長野へ廃車回送が行われました。

215系NL-2編成 廃車回送の様子

【形式消滅】215系NL-2編成が国府津から長野に廃車回送
(https://twitter.com/keita_picture/status/1412798950613028868)

こちらが廃車回送の様子です。けん引機はEF64-1031号機が担当。

廃車回送は国府津から長野まで行われ、215系はこの回送をもって全車両が廃車となり、約30年に渡る歴史に幕を閉じました。

一時期は215系を総武線に転用する、東北や上越エリアで夜行列車に転用する計画をJR東日本労組が提言をしましたが、実現することはありませんでした。

7日には最後の215系撮影会で「バイバイ」「さよなら」メッセージを列車番号で表現

215系8181E(バイバイ)
(https://twitter.com/odakyu3093/status/1412700032151691266/photo/2)
215系3476M(さよなら)
(https://twitter.com/fukuokamakoto/status/1412670673143549958/photo/1)

こちらは廃車回送を前に実施された「215系最後の撮影会」が国府津車両センターで行われました。

列車番号を3476M(さよなら)8181M(バイバイ)というメッセージが列車番号で表現され、前面の貫通扉が開閉されたほか、パンタグラフが既に撤去してされていた関係で、前照灯は本来つかないはずですが、工夫をして点灯するようにしたということです。

方向幕には1988年7月から2002年まで運転され、湘南新宿ラインの開業に合わせておはようライナー新宿・ホームライナー小田原に改称された「湘南新宿ライナー」の幕が掲出。(過去にはスーパーあずさ車両E351系が投入された時期もある)

そのほか、もう二度と走ることのない「試運転」の方向幕が掲出されました。

「ぜーんぶ二階建て」と宣伝されたバブル期を象徴したJR東日本の黄金期時代の車両がまた一つ消えていきました。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事