山手線、湘南新宿ライン、埼京線が運転を再開しました。山手線は21時38分頃、埼京線・湘南新宿ライン・相鉄直通線は21時53分頃に運転を再開したとJR東日本が発表しています。また、振り替え輸送は継続して行われています。

山手線が再開

変電所故障の影響で停電をし、運転を見合わせていた山手線、湘南新宿ライン、埼京線ですが、先程送電が復旧し、山手線は抑止が解除され21時41分に運転を再開しました。湘南新宿ラインと埼京線も後に続くと思われます。ただ途中で運転を見合わせる可能性があるとのことで注意が必要です。

山手線などは午後5時半に停電し、4時間以上に渡り運転を見合わせていました。その他取り残された乗客の誘導のため、中央快速線と中央総武線が一時運転を見合わせたり、信号故障で西武新宿線と西武拝島線が一時運転を見合わせるなど、首都圏には混乱がみられました。

これまでの山手線運転見合わせから再開までの様子についてまとめています。
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事