京阪電車は2020年から2021年にかけての終夜運転について実施しないと発表しました。

2020-2021の京阪終夜運転は実施せず

例年京阪は京阪線をはじめとした石清水八幡宮参道ケーブルなどで終夜運転を実施していましたが、2020年から2021年にかけての終夜運転については実施しないということです。

また最終列車の延長運転についても、今年は行わないということです。
ダイヤについてですが2020年12月30日から31日までは休日ダイヤで運転します。
2021年1月1~3日には京阪線と石清水八幡宮参道ケーブル線で正月ダイヤの運転を行います。ただし、京津線・石山坂本線は除きます。

正月ダイヤ2021について

京阪電車では2021年の終夜運転は実施しませんが正月ダイヤは実施します期間は1月1日から1月3日までの間です昼間の時間帯は12分間隔で運転されるということです。

京阪線の特急・急行・普通はそれぞれ12分間隔、 中之島線は普通を12分間隔、交野宇治線は普通を12分間隔、石清水八幡宮参道ケーブルについては5分から10分間隔での運転です。

昼間時間帯以外については10分から30分間隔で運転します

快速特急「洛楽」京橋から七条間がノンストップ

また正月ダイヤでは京橋から七条間がノンストップとなる快速特急「洛楽(らくらく)」についても運転されます。

運転期間は1月1日から1月3日までの間です。停車駅は淀屋橋、北浜、天満橋、京橋、七条、祇園四条、三条、出町柳です。枚方市、樟葉、中書島、丹波橋には停車しませんのでご注意ください。

正月ダイヤ快速急行「洛楽」時刻表

また、淀屋橋10時46分発、11時34分発、出町柳16時4分、16時57分発の列車については8000系での運転となるため、プレミアムカーは連結しています。ただし、それ以外の列車についてはプレミアムカーが連結されていない車両3000系で運転されます。

また、1月4日についての運転ですが京阪線・中之島線・交野線・宇治線・石清水八幡宮参道ケーブル線については土休日ダイヤでの運転となります。また叡山電車については、市原~鞍馬間は運休となっていますので、バスをご利用くださいという注意喚起がされています。

2020年から2021年までの終夜運転はなくなってしまい縮小傾向となっていますが、初詣でお出かけの際には使ってみてはいかがでしょうか。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事