横浜市交通局は市営地下鉄ブルーラインに新型車両「4000形」導入を発表しました。

2022年5月から運行を開始します。

横浜市営地下鉄ブルーライン「4000形」とは?

横浜市営地下鉄ブルーライン「4000形」とは?

横浜市営4000形とは2022年5月から導入する新型車両で、ブルーラインで運転がされます。

コンセプトは?

コンセプトは『海辺の先進的な都会感』を配色や外観に取り入れたデザインで、スピード感、凛としたたたずまいを感じれるようにしたということです。

外観

外観イメージ

外観は「横浜のイメージ」や「横浜らしさ」が出るように、従来のブルーラインの面影を残しつつ、全体的に平面や直線のエッジを際立たせた構成としています。また、見る角度によってその表情が違くなるように設計がされています。

車内の内装

車内外観

床面はブルーラインのシンボルカラーであるブルー、壁面をグレーとし、出入口には注意喚起色であるイエローを配置した室内カラーリングとしました。
ゆずりあいシート部の床面を赤、壁面を白とすることで認識しやすいカラーリングとしました。

バリアフリーとして車椅子スペースが用意されています。

シートの幅の拡大

車内シート

シート幅は従来の470㎜から480㎜に拡大するため車内の快適性が向上します。

防犯カメラなどの設置

防犯カメラ

車内に防犯カメラが設置されることで安全性が向上します。

新型4000形の導入計画

導入は2021年度から開始、2022年から5編成の運行を開始。2023年3編成運行を開始します。

これにより登場から28年経過している3000A形車両を置き換えます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事