今回はぷらっとのぞみこと「ひさびさ旅割引」を使って東海道新幹線で最高の旅行をしてきました。

グリーン車往復・高級ホテルの利用はあまり知られていないので、是非利用していただきたいです。

【前代未聞のぷらっとのぞみ】新型コロナウイルスの影響で高級ホテルが実質無料

「ひさびさ旅割引」とJR東海では広告されていますが、きっぷには「ぷらっと夏季需要喚起大阪」と記載されていて「ぷらっとこだま・のぞみバージョン」となっています。(そのため、ぷらっとのぞみという非公式の名称をこの記事では使用しています。)

ただし、JR線乗り遅れなどが発生すると自己責任になってしまう点が欠点です。早めに乗車駅に移動しておくか、新幹線を利用する・前日に東京入りをするなど対策をしておくといいでしょう。(唯一で最大の欠点です。)

のぞみグリーン車往復・高級ホテルでも超激安 安かろう悪かろうの体験をしなくて済む

高級ホテル・往復グリーン車を利用したのにも関わらず、旅費はGoToトラベルキャンペーン適用でなんと1人2万6400円。

どれくらい安いかというと東京~新大阪間の東海道新幹線のグリーン車片道の定価は1万9590円です。

東海道新幹線グリーン車往復で3万9180円ですから、既に東海道新幹線を5000円以上得しているわけですが、そこから高級ホテルが朝食付きで付いてきます。

朝食なしになっていても、定価より安く食べれるので朝食ありに変更した方がお得だと思います。

「高級ホテルに実質無料で宿泊できる」といっても過言ではありません。

また、「ひさびさ旅割引」は2020年9月末出発で終了なので、本当に「今しかできない旅行」となっています。

ただ、残念ながら「普通車指定席で普通のお宿に泊まっている方が多い」イメージなので、今回の旅程で移動した人は少ないと思います。

GoToトラベルキャンペーンの適用を受けた場合で、試算した結果高級ホテルか普通のホテルを選択した場合に2万円差がありますが、GoToトラベルキャンペーンを適用後には1万円差に縮まることが分かりました。

確かに予約時にはGoToトラベルキャンペーン前の金額が表示されて高いと感じるかもしれませんが、請求される料金は「GoToトラベルキャンペーン適用後」の値段が出ますのでご安心ください。

試算結果の根拠はこちらをご覧ください。(表に掲載しています。)

【大阪で宿泊でも】東海道新幹線を東京~京都間で乗車することも可能

 

大阪に宿泊するとしても京都駅で途中下車をして「京都鉄道博物館」に立ち寄ることもできます。

現在ハローキティラッピングを再現した500系新幹線が展示されています。また、9月19日からは「新快速50周年記念の展示」が行われます。

旅行を申し込む時点で京都駅で途中下車という経路を選ぶことができます。(日帰りを選択してしまうと京都では下車できません。)

これにより京都~大阪市内の乗車券を余分に買う必要はなくなります。

次のページでは大阪で泊まった高級ホテルについて紹介しています。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事