2020年3月19日、上越新幹線は車両点検の影響で最大3時間以上の大幅遅れとなりました。最終列車到着が深夜26時を回り、一部在来線も救済処置で終電が遅らされたのですが、上越新幹線で面白い行先が誕生しました。

新潟新幹線第一運転所に行先変更か!?

JR東日本アプリの列車走行位置には、到着時刻が大幅遅れと表示されています。しかしよく見ると列車名横の行先は「新潟新幹線第一運転所行き」との表示が。これにはネット上では驚きの声が何件もありました。明らかにおかしな行先ですが、そもそも「新潟新幹線第一運転所」とはどこなのでしょうか。

「新潟新幹線第一運転所」は「新潟新幹線車両センター」の旧称です。2004年3月に改称されました。今回のアプリの表示はおそらく誤植でしょうが、アプリが開発される随分前に改称されたのになぜ旧称が表示されたのでしょうか。

過去にも同様の表示が

https://twitter.com/A_SuperExpress/status/1183181354298535937?s=19

過去にも同様なことが起こりました。直せないような致命的なバグなのか意図的なものなのでしょうか。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/03/20/162647
https://japan-railway.com/entry/2020/03/18/140249
https://japan-railway.com/entry/2020/03/15/160253
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事