11月15日、JR九州の鹿児島本線で「SL鬼滅の刃」が運転されました。

運行初日から大人気列車でしたが、今回はそれよりもさらに人が集まり大変なことになりました。

SL鬼滅の刃の刃で密に クラスターの心配も

https://twitter.com/SUNRISE__0104/status/1327803072827985920?s=19

「SL鬼滅の刃」の停車駅である久留米には「鉄道」「鬼滅の刃」共にファンが大勢訪れました。初日の博多の混雑を遥かに超えホームが完全に埋め尽くされてしまっています。

乗れないならせめて一目見たいということでしょうが、前の方以外はほとんど見ることができないでしょう。

さすがの混雑にネット上では「クラスター」「鬼滅ごときで」と呆れの声があがっています。ちなみに外観の違いは機関車のナンバープレートが「無限」に変えられた部分のみでそれ以外は通常の「SL人吉」と同じです。

これだけ人が集まればクラスターが起きても全く不思議ではないですね。

https://japan-railway.com/entry/2020/11/01/125231
https://japan-railway.com/entry/2020/10/21/152637
鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事