12月15日、小田急30000形30253Fが日本車輌を出場し甲種輸送されました。

小田急30000形30253Fがリニューアル

リニューアル改造をされた小田急30000系30253Fが日本車輌から出場し、豊川から松田間で甲種輸送されました。小田急では「EXE」のリニューアル改造が進められており、塗装や各設備、電動車などが変更されました。改造により愛称は「EXEα」になりました。

牽引は豊川から西浜松がDE10-1592で、西浜松以降はEF65-2086です。新松田から海老名検車区は自走で回送しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事