12月15日、「SLぐんま」で使用されているC61形蒸気機関車20号機が検査のため大宮総合車両センターに入場配給されました。

C61形蒸気機関車がOMに入場

高崎車両センター所属のC61形蒸気機関車20号機が検査のため大宮総合車両センターに入場配給されました。牽引はEF65-501でオヤ12-1が伴走車として連結されました。

そのため大宮総合車両センターには蒸気機関車が今回入場したC61-20と既に検査のため入場しているC58-363、C58-239の3編成が居ることになります。

配給は高崎駅を14日の夜に通過したのですが、さすがはSLと客車ということもあり、撮影のため多くの人が訪れかなりの混雑がありました。現場は「人が多くてまともに取れなかった」「先に来た人が全然譲ってくれなかった」と大きなトラブルはなかったものの全員が撮れる状況ではありませんでした。

伴走で使われたオヤ12-1は既に高崎に返却されました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事