鉄道系Youtuberが切符の発券をめぐり炎上しています。意図的に間違った切符を発券させネタにして収益化をしました。

誤発券で鉄道系Youtuberが炎上

【乗るなら注意!】常磐線中距離列車の初見〇し https://t.co/qklnHC3PRV

鉄道系Youtuberのダイ氏が三島発偕楽園の切符をメンバーシップ限定の動画に登場させ炎上しました。結論から言うと、この切符は誤発券で発売してはいけないものでした。通常誤発券ですと、会社側の責任なので旅客が責められることはあまりないのですが、炎上してしまっています。一体なぜなのでしょうか。

誤発を意図的に誘導し正当化

自身のツイッター上で切符について、規則上できないけどJR西日本だと発券できるから問題ないという旨の投稿をしています。現在は削除されていますが、規則上発券してはいけないことを知りながら、システムの抜け道を悪用し他社で発券させたということです。

わざわざ知識の乏しいJR西日本の簡易委託駅を選んぶという計画的犯行で、それを有料会員のネタにして収益を得るという悪質さがうかがえます。

ネット上で炎上し、各所から非難の声が上がりましたが、Youtubeのコミュニティで自身は正しいと主張。自社線であるJR東日本では発券できないけど他社のJR西日本では発券できるという持論を展開しました。

一転して動画非公開に

自身の正当性を主張してきましたが、一転してそれとは真逆の行動をとりました。当該動画に加えて2本の動画を非公開にすると発表しました。いずれも「グレーゾーンな切符」とわかっていながらネタにした動画です。

JR東日本に問い合せたと思いますが、お客様センターの営業時間外だったため駅に直接突撃したとのことです。本当に迷惑でしかないですね。

Youtuberという影響力のある存在を逆手に取り、誤発のやり方を堂々と公開し推奨するというのは極めて悪質なことです。信者が擁護したりとネットが騒然としました。模倣犯が出ないか心配ですね。

日頃からグレーゾーンの切符を動画のネタにしていますが、炎上しないとやめないようです。趣味発券を快く引き受けてくれる会社もまだまだありますが、こういったことをするから窓口が縮小してしまうのではないでしょうか。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事