7月2日、E7系F43編成がJ-TREC横浜を出場し、陸送されました。輸送途中で車体が破損する事故がはっせいしました。

出場して早々事故に

Originally tweeted by 佑 (@c61209103) on 2021年7月1日.

E7系F43編成がJ-TREC横浜事業所を出場し船積み先まで陸送されました。水没により廃車になった編成の代替で、同所では2014年以来約7年ぶりの新幹線製造です。

輸送中に後退をした際に、踏切の柵に新幹線の車体が接触する事故がありました。かなり勢いがありましたが、近くに誘導員の姿はみられませんでした。

深夜にも関わらずどこからか駆けつけた多くの鉄道ファンが、接触した際に雄叫びをあげていたためかなりの近所迷惑だったと思われます。

車体には穴が

柵と接触した箇所には大きな傷がついてしまっています。穴が空いているように見え、このままでは営業運転は難しそうです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事