12月9日、Osaka Metro は、中央線に新型車両400系と新造車両30000A系を導入することを発表しました。

新型・新造車両導入

400系は、最新の車両技術を取り入れ、現在、中央線を運行している20系車両の更新車両及び他路線へ転用する24系車両の置き替え車両として導入します。

30000A系は、万博開催期間中の必要な輸送力を確保するため、輸送力増強として導入し、万博後は谷町線に転用します。

30000A系は2022年7月から、400系は2023年4月からの運行開始を予定しています。

なお、Osaka Metro の新型車両の導入は、2011年に御堂筋線で運行を開始した30000系以来12年ぶりとなります

新型400系

400系で特徴的なのは、前面のガラス張りが展望形状となっている点です。この近未来的なデザインは、将来の自動運転や、同社が提供するアプリ、MaaSとの関連性を暗示させるものとのことです。

ホーム可動柵時代の乗降口の明確化と、最新室内装備によるコミュニケーションをデザインテーマとし、扉に中央線の号線色のグリーンを主体に、各車両の装備に応じた配色としています。

【車内快適性の向上】

○座席の背を高くすることで、お客さまの座り心地を向上させました。

○荷棚をご利用しやすいように荷棚高さを全車100ミリメートル下げました。

○脱臭、除菌、PM2.5抑制、花粉やダニ等のアレル物質の抑制効果がある空気浄装置を全車両に設置しました。

○車内吊り広告を廃止し、車内の開放感を広げました。

○車内デザインと調和したLED照明を採用し、車内空間を明るく快適にしました。


【車内利便性・安全性の向上】

○ 車内案内装置

全ての乗降口上部に、Osaka Metro の車両として最大となる21.5インチのワイド液晶ディスプレイを採用し、2画面構成により乗換案内や駅設備案内等、よりきめ細かな情報を提供できるようにしました。

また、日本語、英語に加え、中国語、韓国・朝鮮語の4か国語で案内を行います。

○ユーティリティスペース

先頭車両にモバイル用電源(USB)付カウンターを設置し、お客さまのニーズに対応できるようにしました。

○全車両に車内Wi-Fiを導入し、お客さまサービスの向上を図りました。

○防犯カメラを全車両に搭載し、車内での犯罪抑止及びセキュリティ向上を図りました。

また、非常時には、乗務員室で確認が可能なシステムとしました。

扉が閉る際に荷物などが挟まった場合や、扉が開く際に指などが引き込まれた場合に、扉の開閉力を一時的に弱めて容易に抜け出せるようにしました。


【バリアフリーの取組み】

○近年の新造車両と同様に床面高さを40ミリメートル下げ、ホームとの段差を縮小しました。

○ドア部の床に黄ラインを入れ、乗降口を識別しやすくしました。

○ドアの開閉をチャイムとドア上部のランプの点滅でお知らせます。

○優先座席部のつり革・手すりをオレンジ色にし、座席の色を一般座席と異なる色とすることで優先座席をより識別しやすくしました。

○開いているドアの位置をお知らせする誘導鈴を設置しました。


【新技術・新仕様の採用】

○空調装置に、日常走行における車内温度、外気温度、乗車率等のデータを蓄積・活用し、車内環境に応じた最適な運転を行う学習・予測制御を導入しました。

○車両の各装置や機器の状態情報(動作情報等)を常時地上設備へ送信するモニタリング機能を設け、収集した情報を分析、活用することで、効率的な車両保守やさらなる安全性の向上に取り組みます。

○2024年度に計画している自動運転の実証実験に向けて、指令所からの運行指令や情報伝達を行うデータ伝送機能など各種機能を備えています。

新造30000A系

30000A系は、御堂筋線の30000系をベースとした車両で、万博開催期間中の輸送力増強を目的に導入されます。万博閉幕後は谷町線への転属を予定しています。

参考 30000系 wikipediaより

車体設計は30000系ですが、デザインは従来のものから大幅に変更されています。号線色を残しつつ、「大阪のにぎわいと人々の輝く姿」をドットでシンボル化し、「未来社会」を表現するゴールドの帯を配することで、「そこに存在するすべての要素が多様性をもってランダムに『集まる』『つながる』」ことを表しています。

○室内

腰掛の表布は背と座面で色を切り替え、背をゴールドイエロー、座面をターコイズブルーとし、下方に重心を置くことで、車内全体が明るく軽やかに、そしてさわやかな車内となるようにしました。また、スパークルドットを車内にもアレンジすることで、新しい未来を感じさせるワクワク感を演出しました。

【車内快適性の向上】

○荷棚をご利用しやすいように荷棚高さを全車両100ミリメートル下げました。

○座席の配置を工夫することで、一部の乗降口横のスペースを拡大(1両に6か所)し、大きな荷物をお持ちのお客さまもご利用頂きやすくしました。 

○車内照明をLED照明とし、車内空間を明るく視覚的な快適性の向上を図りました。

○脱臭、除菌、PM2.5抑制、花粉やダニ等のアレル物質の抑制効果がある空気浄化装置を全車両に設置しました。


【車内利便性・安全性の向上】

○乗降口上部の車内案内表示器に2台のワイド液晶ディスプレイを搭載し、2画面構成により、乗換案内や駅設備案内等、よりきめ細かな情報を提供できるようにしました。

また、日本語、英語に加え、中国語、韓国・朝鮮語の4か国語で運行案内を行います。

○全車両に車内Wi-Fiを導入し、お客さまサービスの向上を図りました。

○防犯カメラを全車両に搭載し、車内での犯罪抑止及びセキュリティ向上を図りました。


【バリアフリーの取り組み】

○近年の新造車両と同様に床面高さを40ミリメートル下げ、ホームとの段差を縮小しました。

○ドア部の床に黄ラインを入れ、乗降口を識別しやすくしました。

○ドアの開閉をチャイムとドア上部のランプの点滅でお知らせます。

○優先座席部のつり革・手すりをオレンジ色とし、背を一般座席と異なる色とすることで、優先座席をより識別しやすくしました。

○開いているドアの位置をお知らせする誘導鈴を設置しました。

導入計画・置き換えは?

大阪・関西万博は、2025年4月13日から10月13日まで、大阪市臨海部の夢洲にて開催を予定しています。

今回の新型・新造車両はこれにあわせて導入するもので、30000A系は2022年7月に、400系は2023年4月に、それぞれ運行を開始します。導入本数は、400系が6両編成23本、30000A系が6両編成10本。現在中央線で運用されている20系は400系で置き換え、24系は他路線へ転用します。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事