11月12日、JR東日本は来年のダイヤ改正で既存の湘南ライナーを格上げし特急湘南にすると発表しました。明らかに値上げなのですが、一部では「ぼったくり」との声があり、実際に東海道新幹線より割高になっているので解説をします。

特急湘南とは?料金は倍額値上げ・全席指定席に改悪

まず使用される車両ですが元々中央線特急として使われていたE257系0番台を2000番台に改造したものです。車両は2001年製でそこそこ古いのですが、改造費用を安く抑えて工期も短くしたいという本社の意向が裏目に出て、車両が劣悪になった他現場にも負担を与えてしまいました。

実際に改造計画もかなり混乱し、改造途中のまま入出場を繰り返したり故障をしたりしました。記事を見ればわかりますが、営業運転している車両も傷の修繕や塗装などがいい加減だったり、デッキやフリースペースは全く手をつけられていません。これを大々的に「リニューアル踊り子」と宣伝している訳ですから一部から不満が出るのは致し方がないことです。

今走っている湘南ライナーは185系が使われており1981年製の国鉄車両です。最近の車両よりは頑丈な作りをしているとはいえ経年劣化が目立つ部分もあったりモーター音はかなりうるさいです。

ライナー料金の割にコストがかかっていた面も

乗車するにはホーム上の券売機で号車が指定されているライナー券を買う必要があるのですが、毎日長蛇の列ができます。不正乗車防止のためドアコックを使って特定のドアを開けて乗車時に切符の拝見を行うので、駅員の負担はかなりあります。

今回の改正ですが、全車指定席化ということで従来の指定席特急料金よりは安くなるのですが、自由席と比べたら割高になります。湘南ライナーは520円のライナー券で乗れていたのですが、来年からは指定席特急券が必要です。距離によって料金が異なり、東京から小田原だと1020円します。

全車指定席化することによって事前に予約できたり確実に座れるなどメリットがあるとは思いますが、「中央ライナー」「青梅ライナー」が特急「はちおうじ」「おうめ」に改正した時はあるトラブルが多発しました。

JR東日本が湘南ライナーを廃止した理由は?

全車指定席なので事前の予約が必要なのですが、ダイヤ改正と同時にホーム上の券売機の数を意図的に減らしたのです。JR東日本としては意地でもえきねっとを使って欲しいという意図があるのでしょうが、使いやすさがいまひとつな上に何らかの事情で使えない人がいます。

そのため解消されると思われた券売機の列は悪化して、発車時刻までに買えないという自体が起こりました。仕方なく券なしで乗った乗客が多数居たのですが、車内では「車内料金」という罰金のようなものが200円程度上乗せされるため、車掌とトラブルになるケースがありました。

また中央線では距離が短かったためあまり気になりませんでしたが、東京から小田原は51kmを超えるため従来のライナー券と比べて料金が約2倍になってしまいます。

結局乗客にとって大事なのは値段です。いくら利便性や乗り心地がと言われても今までより最大2倍になってしまっては乗る人がかなり限られるのではないでしょうか。

実際中央線の場合ほぼ満席だったライナーが特急になったことにより、8割程度になりました。東海道線では他の競合路線や普通列車グリーン車もあるのでさらに減るのではないでしょうか。

東海道新幹線の方が値段・利便性 JR東日本はどう対応していくか

致命的な点が東海道新幹線よりも特急「湘南」の方が高いという点です。東海道新幹線では当該区間の定期券を持っている人専用の料金が設けられており、東京から小田原が自由席で980円です。同区間が最新鋭N700Sで約30分、お下がりのE257系で約1時間20分で値段が高くて遅くなっています。

どんなに理由をつけようが、「従来より2倍になっている」「東海道新幹線より高い」というのは致命的ではないでしょうか。マニアックな観点から指摘するとE257系の改造は質素なのではなく明らかに適当です。サフィールとの差別化を図りたいのでしょうが、座りたいという乗客の気持ちに少々付け込み過ぎでは無いでしょうか?

まだ、特急「湘南」としてデビューはしていませんが、「単なる値上げ列車」ということで残念に感じられた人も多いのではないでしょうか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事