2月19日、富山地方鉄道で西武鉄道から譲渡されたニューレッドアローがデビューしました。

車両の特徴は?

富山地方鉄道でニューレッドアローが営業運転を開始しました。この車両は西武鉄道で活躍していた10000系を短編成化・改造したものです。

電鉄富山方からクハ221+モハ20022+モハ20021の3両編成でとなっており、クハ221に車椅子スペースと男女兼用トイレ、洗面台、自動販売機があります。

モハ20021に優先座席8席があります。

デッキと客室の扉は使用停止となっており、電光掲示板は撤去されています。

代わりに後付けの電光掲示板が設置されています。

座席は転換・リクライニング共に使用できます。

NEW RED ARROWのロゴは残されています。

運用

運用は2月中は固定となっています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事