4月28日、E217系Y-45編成が東京総合車両センターに入場回送しました。

E217系がTKで解体か

鎌倉車両センター所属のE217系クラY-45編成が東京総合車両センターに入場回送しました。廃車に伴う入場と思われます。

通常同所への入場は車体保全などに伴うことがほとんどですが、ドアステッカーや広告類が撤去されているため廃車の可能性が高いです。同所で編成単位の解体が行われるのは珍しく、同形式の解体は初となります。

E217系では2020年12月にY-46編成が東京総合車両センターで車体保全を行ったのが最後でした。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事