2021年4月25日、元阪急3100系の能勢電3100系車両が引退・ラストランとなりました。

能勢電鉄3100系3170Fラストランの様子

能勢電鉄3100系3170Fのラストランの様子です。今年で56年を迎えて引退するということで、ヘッドマークに56と書かれているのが分かると思います。

この能勢電鉄3100系は元々阪急で活躍していた車両で、阪急では2020年を最後に引退をしており、生き残りの編成として知られていました。

新型コロナウイルスで撮影会も中止も 多くのファンが見送る

本来であれば、日生中央駅の留置線で事前申し込み者を対象に公開、部品販売なども予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大・緊急事態宣言発出を理由に中止となりました。

能勢電公式Twitterでも「皆様と一緒に盛大に引退を惜しむことがかなわず残念でした」と悔しさをにじませたコメントが公開されています。

イベントが中止になってしまいましたが、鉄道ファンらはそれぞれの「ラストラン」を静かに迎えたようです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事