JR東日本は2021年のGWにダイヤ変更・減便を行うと発表しました。また、朝の通勤時間帯・夕方通勤時間帯でも減便が実施されることになり、通勤ラッシュがより過酷なものとなる可能性がある他、車内ではより密な環境が出来上がってしまう可能性があります。

減便、ダイヤ変更を行う路線は?

減便、ダイヤ変更が実施されるのは2021年4月30日㈮、5月6日㈭、7日㈮です。

減便・ダイヤ変更対象となるのは山手線、京浜東北線、根岸線、中央線、中央総武各駅停車、青梅線、常磐快速線、京葉線です。

また、朝の通勤時間帯は通常本数の8割に減便することが発表されており、夕方通勤時間帯においても列車を削減するということです。

夕方通勤時間帯は9割程度に減便となり、山手線、京浜東北線(大宮~蒲田)、中央総武各駅停車で行われます。

当日運休する列車については乗り換え検索には反映されないため、注意が必要となります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事