2021年4月27日、サフィール踊り子で初めて団体臨時列車が設定されました。運行開始以来2年目にして初めての設定となりました。

サフィール踊り子初の団体臨時列車

今回団体臨時列車が運転されたのはE261系サフィール踊り子東京駅12時30分発、伊豆急下田行きです。通常12時30分発のサフィール踊り子は設定されないことから、今回の珍しさがお分かりいただけただろう。

団体臨時列車のサフィール踊り子は阪急交通社が貸し切った列車で、3日間の旅行商品が組まれている形となっていますが、復路はサフィール踊り子の運転はありません。

サフィール踊り子が「団体」の方向幕を表示していること自体が珍しいことではないでしょうか?今後、サフィール踊り子が団体臨時列車として運転されるのかどうか注目されます。

関連記事

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事