1月29日、E217系Y-105編成の解体が始まりました。

付属編成初の解体

先日長野総合車両センターに廃車配給され解体線に入ったE217系Y-105編成ですが、先頭車の解体が始まりました。同形式の付属編成解体は今回が初です。

Y-44編成の解体に続きY-105編成の解体が始まりましたが、今後も比較的早いペースでの解体が進むと思われます。

また先日同所に入場した波動用のE257系モトM-107編成ですが、車内で何らかの作業が行われている様子が確認されています。踊り子運用はしないものの改造がされる可能性があります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事