西鉄は天神大牟田線・貝塚線の運賃を2021年3月6日始発から運賃値上げを実施すると発表しました。理由は新型コロナウイルス感染症の影響で、乗客が減少しており今後も持続的な輸送サービスを提供し続けるため、運賃値上げを実施します。

今回の値上げで西鉄は「ご利用のお客様にはご負担をお願いすることになりますが、何卒ご理解たまわりますようお願い申し上げます」とコメントしています。

西鉄運賃値上げの概要

値上げが対象となるきっぷ

普通乗車券・ICカード・普通回数券などです。定期券の値上げはありません。

天神大牟田線 2021年3月6日以降の運賃

現行250円区間→260円

現行290円区間→310円

現行350円区間→360円

貝塚線

現行200円区間→210円

現行230円区間→260円

現行270円区間→310円

また、西鉄の時刻・運賃検索ページでの変更後の運賃検索は2月20日土曜日より可能になります。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事