JR東日本は、2021年11月30日付けで只見線会津川口~只見間の第二種鉄道事業許可が国土交通大臣に認可されたと発表されました。

運転開始時期が発表され2022年秋ごろを目指しているということです。

JR只見線第二種鉄道事業許可とは?

今回発表された只見線第二種事業許可とは一体何でしょうか?

只見線の会津川口~只見間は2011年7月に発生した新潟・福島豪雨で不通となっており、現在鉄道施設等の復旧工事が行われています。

この区間ではJR東日本が復旧・維持することに難色を示したことから、福島県が第三種鉄道事業者として施設の維持・土地の保存を行い、JR東日本が第二種鉄道事業者として運行を行う運営内容となっています。いわゆる「上下分離方式」が採用されています。

また、今回の発表資料には2022年秋ごろに運転再開を目指していると発表されています。

今後の発表情報に注目です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事