JR九州は2022年度秋開業予定の西九州新幹線「かもめ」の車内デザインが発表されました。JR九州のコーポレートカラーを前面に押し出し赤お配色となっています。

西九州新幹線「かもめ」デザインのコンセプト

九州らしいオンリーワンの車両ということで、「九州の経済と文化と人を結び、豊かなコミュニケーションを生む」「新幹線つばめ」のDNAを持続させ、変化・進化させて「新幹線かもめ」を表現」「西九州から吹く暖かくて優しい風を世界へ届ける」3つのコンセプトが発表されました。

車両前面とライトには黒が塗装されているほか、800系新幹線のラインカラーと同じ赤の配色となっています。

かもめ車内インテリア

指定席1号車:菊大柄

西九州新幹線 指定席1号車

指定席2号車:獅子柄

西九州新幹線 2号車

指定席3号車:唐草

3号車 西九州新幹線

自由席4号車~6号車

デッキ

指定席では3種類の柄を選ぶことができ、そのため乗り慣れた人にとっては気分によって座席を変えられる等乗る時の楽しみも増えそうです。また指定席は2+2の配列。

自由席は黄色を基調とした座席で、2+3の座席配置。

デッキはJR九州の特急列車等をイメージさせるデザインで、床面や壁面の赤のラインから感じ取ることが出来ます。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事