千鳥(ちどり)は、吉本興業に所属する大悟さんとノブさんからなる日本のお笑いコンビです。

岡山弁と大阪弁が混在した独自のチンピラ漫才スタイルを築き上げ、彼らはこのスタイルを「俺流漫才」と称しています。

千鳥のコンビ名の由来が切ない・・・?

千鳥のコンビ名の由来は、岡山県立笠岡高校の愛称から取ったものです。笠岡高校の校章に千鳥が使われていることから、地元の人たちから”千鳥”という愛称で呼ばれていたそうです。

2人は笠岡商業高校の出身であり、笠岡高校は憧れの高校だったようです。

卒業した高校ではなく、憧れていた高校の愛称をつけるところを見るととても憧れていたんだなと思いますよね。入学したかったのに入れなかったというところがちょっと切ないですね・・・。

高校時代のエピソード

最悪な出会いから、意気投合

お二人は高校生の時に出会い、ノブさんから見て大悟さんの第一印象は最悪だったそうです。大悟さんは入学式の日の朝、床屋で角刈りをしてもらっている途中で店を出てブレザーは短ラン、スラックスをボンタンにして遅刻してきて、一学期の間は誰にも口を聞いてもらえなかったようです。

クラスが違ったため特に関わりもなく時間が過ぎ、ある日の体育の授業でソフトボールの試合を行なった際、バッターボックスに立った大悟さんがメジャーリーガーの真似をしたところレフトを守っていたノブさんが

『お前ドミニカでやっとったんか!』

とヤジを飛ばしたそうです。それを聞いた大悟さんは”レフトのあいつおもろいな”と意識し始めたようで、それをきっかけに話をすることが増えて意気投合したそうです。

更に、高校の文化祭で二人で司会をすることになりめちゃくちゃスベッてしまったそうです。

高校時代の部活は?

大悟さんは中学時代からやっていた野球部に所属し、日々ハードな練習に打ち込んでいたようです。

本人曰く地区予選の初戦で姿を消すような弱小チームだったそうですが、気持ちは本気で甲子園を目指していたそうです。誰も見ていないような所まで走り込みをして野球に打ち込んでいましたが、一発も打てないという感じだったみたいです。

一方でノブさんは、サッカー部に所属はしていたものの放課後はほとんど練習せず彼女とイチャイチャしていたそうです・・・。

完全に真逆な二人ですね・・・。

千鳥結成まで

大悟さんは高校卒業後進学はせず、大阪に出てたこ焼き屋で働きながらお笑い芸人を目指したそうです。

一方、ノブさんは高校卒業後、広島県でシャープに入社し寮住まいをしながら営業職で働いていたそうです。

ある日、大悟さんからの電話がきて

「一人で大阪のピン芸人として売れたから、俺と一緒に漫才したら売れるだけやで」

言われて大阪に行ってみたものの、大悟さんは当時全く無名なピン芸人でしたが、ノブさんは2人でナンパした女性2人と夢のような時間を過ごしたことで大阪への強い憧れを抱き、ノブさんは父親からの猛反対を振り切り就職先を1年で退社し大阪へ移住しました。

退職後、大阪に移住して2000年7月に”千鳥”を結成。

結成して22年目。今では成功してテレビで見ない日はないというくらい売れっ子芸人さんですね。

千鳥の仲良しエピソード

千鳥のお二人はコンビ愛を感じさせるエピソードが沢山あります。

ある番組で行われたドッキリ企画で「お互いのことをどう思っているのか」という検証では・・・

千鳥ノブへの質問

「すごいと思うボケ芸人さんは?」という質問に対してノブさんは即答で「大悟やろ」と答えていました。誰も予想がつかないような独特のボケをしてくれると理由を述べていました。

千鳥大吾への質問

「すごいと思うツッコミ芸人さんは?」という質問に対して大悟さんも即答で「ノブ」と答えていました。

お互いにドッキリ企画だということは知らずに答えていることから、お互いに思い合っていることがわかる瞬間でした。

また、ある番組では「相方を嫉妬させよう」という企画で千鳥の二人ともう一人ツッコミ芸人の3人でロケを進行させ「自分より先にそのツッコミ芸人にツッコませる」という企画を行いました。

企画に入る前にノブが言い放った答えとは

「相方を嫉妬させよう」の企画に入る前にアナウンサーからノブさんに対し「ノブさんは他の人が大悟さんにツッコんだら嫉妬しますか?」という質問をしました。

「嫉妬とかはないけど、大悟がそれで嬉しそうな顔をしてたらキィーってなる」とノブさんは答えていました。

それに対して大悟さんは「でもノブのツッコミが一番早い」とドヤ顔で返していたのです。

企画に入る前からお互いを思い合っているところが見れて、コンビ愛をとても感じますね。

千鳥ノブ過去に改名していた!?

2013年11月に放送のバラエティ番組「ロンドンハーツ」で「意外と知られていない芸人の個人名」という企画がありました。

元ビーチバレー選手の浅尾美和さんに「小池さん」と間違って呼ばれたことがきっかけで、番組内でロンブー淳さんや有吉さんの強いおすすめもあり、半ば無理やりのテレビのノリで「ノブ小池」に改名しました。

しかし、「ノブ小池」として活動したものの、本人は「小池と書くと手が震える」「小池と呼ばれても反応できない」と言っていて、改名から1年2ヶ月後の2015年にテレビ東京の新春番組、及び自身のTwitter公式アカウントで再改名を発表。

twitterでは「正月史上一番どうでもいいニュースですが、今日からノブ小池からノブに戻ります!」と再改名を報告。

再改名の理由は「頑張ったのですが小池に馴染むのは無理でした!」としていました。

受賞歴

2004年 第25回ABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞

2005年 第35回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞

2007年 第37回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞

2007年 BGO上方笑演芸大賞 メディア賞・ええ漫才ができました賞

2008年 BGO上方笑演芸大賞 イベントタイトル賞

2009年 BGO上方笑演芸大賞 技能賞

2010年 第5回BGO上方笑演芸大賞 大賞

2011年 第46回上方漫才大賞 奨励賞

2012年 THE MANZAI 準優勝

2013年 THE MANZAI 準優勝

2013年 第48回上方漫才大賞 大賞

2018年 GQ Men of the Year コメディアン・オブ・ザ・イヤー賞

プロフィール

大悟

本名:山本大悟〔やまもと だいご〕

生年月日:1980年3月35日(41歳)※2022年3月現在

身長:170cm

体重:60kg

血液型:B型

担当:ボケ、ネタ作り

出身地:岡山県笠岡市北木島

所属事務所:吉本興業

一人称:ワシ

ノブ

本名:早川信行〔はやかわ のぶゆき〕

生年月日:1979年12月30日(42歳)※2022年3月現在

身長:173cm

体重:65kg

血液型:A型

担当:ツッコミ

出身地:岡山県井原市(旧:後月郡芳井町)

所属事務所:吉本興業

代名詞:クセがすごい

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事