中央線特急のE353系S206編成は去年に踏切事故があってから運用から離脱していました。S206編成が長野総合車両センターの解体線に移されたということで廃車を心配する声も上がっています。

廃車ではなく陸送

解体線に移されたのは廃車のためではなく、製造元であるJ-TREC横浜に陸送するためです。というのも事故による損傷が酷く、長野総合車両センターでは修理ができないからです。自走はできますがブレーキ系統が損傷しているため、安全を考えての配給ではなく陸送だと思われます。

関連記事

https://japan-railway.com/entry/2020/03/29/142022
https://japan-railway.com/entry/2020/03/20/162647
https://japan-railway.com/entry/2020/03/17/181027

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
阪急
阪急神戸線と阪急京都線の直通運転計画があった「阪急新大阪連絡線」 開業してれば神戸三宮から河原町まで乗り換えなしだった? 大阪万博・リニアに向けて十三~新大阪へ延伸・直通計画のみ2025年の実現目指す
かつて阪急神戸線と阪急京都線の直通運転と新大阪乗り入れをするために建設される予定だった「阪急新大阪連絡線」の計画がありました。 それについて...