7月13日、横須賀・総武快速線向け235系1000番台クラF-02編成が鎌倉車両センターに甲種輸送されました。

E235系1000番台はこれで4本目

F-02編成は7月8日にJ-TREC新津事業所を出場し、現地で試運転を行っていました。所属元である鎌倉車両センターに向け、越後石山から大船間で甲種輸送されました。牽引は長岡車両センター所属のEF64-1032でした。

E235系1000番台としては4本目になりますが、車両センターの容量が埋まってきているので、そろそろ217系の廃車がでてくるのではないでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事