7月12日、JR北海道の新型ラッセル気動車「キハ291-1」が目撃され話題になっています。以前から新型車両の導入については報道されていました。

国鉄DE10形は置き換えの可能性

見た目は日本の鉄道が疑うようなものですが、旭川運転所所属の2020年製であることがわかります。JR西日本のキヤ143形をベースにしたものと思われます。JR北海道は2020年度の事業計画の認可申請で新型ラッセル気動車を新造し、各種試験を行うとしていました。

国鉄DE15形ディーゼル機関車を置き換えるために製造されたと思われるキヤ291形ですが、国鉄車が無くなってしまいからか、一部の人からの評価はよくありませんでした。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事