【宇都宮LRT建設状況まとめ】テクノポリス東~本田技研北門

テクノポリス東までの区間は宇都宮市が整備してきましたが、ここから先の区間は芳賀町による整備区間となります。

テクノポリス東から先の区間は中央分離帯の撤去が終わっておらず、あまり工事自体は進んでいません。まずは道路の拡幅工事が行われています。

かしの森公園付近まではこんな感じで、LRTの軌道の建設の前に道路の拡幅を行っている準備段階の状況でした。

終点駅となる本田技研北門駅の予定地は、一応宇都宮市が出している動画の中ではこの辺りと思われますが、現在のところ道路の拡幅なども行われておらず、ほぼLRTに関する準備はされていないといった感じで、LRTが走りそうな面影は今のところありませんでした。

2020年6月現在の宇都宮LRTの建設状況は以上となります。今のところ時間のかかる橋梁区間が優先的に建設されている印象がありました。現在あまり建設されていない区間でも開業までにどれだけ風景が変わっていくかというところも2022年3月の開業まで注目していきたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事