JR東日本は2021年秋以降新造する新幹線について台車モニタリング装置を設置すると発表しました。各種試験を行い2023年から使用開始する予定です。

新幹線に設置する台車モニタリング装置とは?

台車に設置しているモニタリング装置が空気ばね圧力と台車枠・台車部品振動の測定データを演算するシステムで、測定データを演算したあと異常判定になれば、運転士に検知する仕組みになっています。

今までは温度検知器が歯車装置・軸箱に設置されていましたが、新たに空気ばね圧力・台車枠・台車部品振動を常時測定する機能が追加となります。

今回正式に発表があったものは2021年秋以降新造される新幹線への設置ですが、既存の新幹線への設置も現在検討中とのことです。

鉄道コムのブログランキングに参加しています。1日1回投票をお願い致します。
鉄道コム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事